カナダ北極圏・オーロラ旅行の専門ガイドサイト。オーロラの聖地・イエローナイフの住人が本物の現地情報を発信中。

逃走者が出てます

逃走者が出てます

大変珍しいことですが、刑務所より逃走者が出ました。

イエローナイフ時間(山岳標準時)の8月10日11:15頃に逃走、工業区方面に向かいました。
その後、警察が検問を作り、街にも捜査網を張って行方を追っています。
準州内の凶悪犯は通常、アルバータ州の刑務所に収監されるのですが、この人はぎりぎりところで準州での収監になっていたようです。傷害傾向があります。

という事で、街および街周辺でのオーロラ自己鑑賞は絶対に控えてください。
夜間の一人歩きも全くお勧めしません。
ただ捜査の目を掻い潜るのを主目的にしているでしょうから、日中のダウンタウンや旧市街の観光地区に現れる可能性はかなり低いと思われます。

<警察の公式発表の要約>
RCMP have set up a dedicated phone line to collect tips on the whereabouts of a man charged with murder and attempted murder who escaped from Yellowknife's jail Wednesday morning.

Anyone with information is asked to call 765-3956. After 2 a.m. call 669-1111
Denecho King escaped from custody at the North Slave Correctional Centre at about 11:15 a.m.

King, 23, is described as 5 foot 8 and 150 pounds, with light facial hair (mustache) and a short crew cut. He was last seen wearing a green shirt and grey sweatpants, though police advise he may have changed his clothing.

ここからはしまの推測で書きます。なので確証はありません。

この逃走者ですが、今度捕まったらおそらく警備レベルの上がるアルバータ州の刑務所に移送されます。という事で、これを逃れるべく行動すると思われます。
また警備の隙を衝いての逃走のようなので、工業区から森に逃げた後の逃走ルートは確保していないのではないかと思います。
捜査側もこうした観点から、幹線道路での検問(外部への道は1本しかありません)と、外部への逃走を助けてくれそうな人物のマーク、住民に被害を出さない為(=街に入れないため)の警邏などを行っています。

ということで現在3日目になりましたが通常の生活は確保されていますし、「イエローナイフの治安について(計3頁)」に載せたように旅行者も不用心な行動を取らなければ全く問題はないと思います。

繰り返しますが、街および街周辺でのオーロラ自己鑑賞は絶対に控えてください。
夜間の一人歩きも全くお勧めしません。
ですが日中のダウンタウンや旧市街の観光地区に現れる可能性はかなり低いと思われます。

また10日の天候ですが、逃走した1時間後には雨が降り、その夜は土砂降りが数時間続きました。
という事でその晩までにシェルターを確保できていなかった場合、遭難の可能性も出ています。ただしアウトドアが当たり前の環境で育った23歳なので適切な行動が出来ている可能性もあり、現在警察は街に捜査網を敷いています。

今後の警察の発表を待ちたいです。

しま

◆最低価格保証バナー◆

コメント


認証コード2747

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional