カナダ北極圏・オーロラ旅行の専門ガイドサイト。オーロラの聖地・イエローナイフの住人が本物の現地情報を発信中。

aur-soku201202b

オーロラ鑑賞報告 (Aurora Photos)/ 2012年2月上旬へ/ 2012年3月上旬へ

オーロラ鑑賞報告 2012年2月下旬 Aurora Photos Feb,2012 P2

○メルマガ版(無料)登録は、以下のアドレスから。
オーロラ情報局のページ更新やイエローナイフの街の話題も載っていて、便利です。
http://archive.mag2.com/0001221990/index.html

3月1日 月に輪をかけて

20120229

昨夜(29日)の天候:晴れ 気温:-27℃(日中は-14℃)

日中は良い天気。夜になり更に気温が下がる。

22:15 明るい空に薄いオーロラのカーテンが現れて、光度を増していく。
22:26 一気に明るくなり、動きが激しくなりオーロラ爆発。
    時間をかけて空を揺れ動き、やがて落ち着いていく。
4:00 再度オーロラの動きが活発になる。

一晩中オーロラは見られ、朝6時まで見ることが出来ました。

宇宙天気は比較的穏やかでしたが、ちょっとした変化でこうした規模の大きなオーロラが現れます。
レーダーでは地球全体の大きなオーロラ爆発は予測できるのですが、
局地的な物が現れるかを見極めるのは、専門家でないと無理です。

天気予報も気象衛星が交代するたびに精度が上がりますが、
オーロラの予報はまだまだ発展途上。精度が上がるには時間が必要のようです。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:29日22:32
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月29日 カーテン揺れる

20120228

昨夜(28日)の天候:晴れ&薄雲 天候:-23℃(日中は-13℃)

雲のあるまま夜になるが、次第に回復。すぐに星が見えるようになってくる。

22:30 薄い雲の上に緑の筋が現れる。
1:10 光が強くなり、はっきりしたものに変わってくる。
1:45 更にはっきりとしたカーテン隣り、頭上でさわさわと揺れる。

宇宙天気はあまり乱れていなかったのですが、
それでもオーロラは空で舞ってくれました。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:29日1:47
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月28日 天候回復

20120227

昨夜(27日)の天候:晴れ 気温-22℃(日中は-15℃)

久々に、晴れた空でのオーロラ鑑賞となる。

22:10 薄いカーテン状のオーロラが現れ、徐々に明るくなっていく。
22:40 はっきりしたオーロラのカーテンが幾重にも分かれ、大きく空で揺れる。
0:08 オーロラ爆発。天頂で激しく揺れ、全天に広がっていく。

久しぶりに好天でのオーロラを見ることが出来ました。
結局、2月後半は-30℃を超えず。
体感温度だけ-30℃を超える、比較的暖かい気温で過ぎました。

このあと、徐々に夜の気温も上がっていきます。

20120227

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:27日22:41、28日0:08
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月27日 空を覆う幻燈

20120226

昨夜(26日)の天候:曇り 気温:-21℃(日中は-17℃)

日中も雲あり。そのまま夜を迎える。

23:40 薄い膜のような雲の張った空の上に、細い緑色の筋が動く。
    その後雲が暑くなり、オーロラは雲の向こうに消えていく。
2:15 星が見え始め、雲が薄くなっているのを確認。
3:35 薄い雲の上から、緑の薄いカーテンが降りてくる。
4:20 動きの大人しかったオーロラが、再度動き始める。

20120226

待って、待って、明け方まで待って、はっきりとしたオーロラが見えた夜でした。
宇宙天気が変動していて期待されていただけに、大変焦らされた夜となりました。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:26日23:41、27日3:39
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月26日 空を貫くカーテン

20120225

昨夜(25日)の天候:雲り&晴れ 気温:-26℃(日中は-15℃)

日中は日差しの強い好天。夜になり、雲が増えてくる。

23:00 雲の無い所にオーロラの筋が現れる。
0:02 雲の上にかなり強いオーロラが。二本のカーテンが大きくうねる。
3:35 回復した空で、裾の長い二本のカーテンが全天を貫いて広がる。
   上層部には赤の発色があり。

20120225

「今日も曇りか…」と言う感じの前半でしたが、
遅くなってからここ数日を挽回するかのような見事なオーロラが現れました。
こういう事があるので、雲があってもなかなか観測を打ち切れなかったりします。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:26日0:02、3:48
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月25日 雲の切れ間を追う

20120224

昨夜(24日)の天候:曇り&晴れ間 気温:-22℃(日中は-21℃)

久しぶりの-30℃の予報。実際にはそこまで下がらず-26℃。
その後は上昇して雲が増える。

23:40 雲の上にオーロラが出現しているのを確認。
0:45 薄い雲の上に、明るくなったオーロラを見る。
    明るい緑の帯が大きくうねる。
    その後も雲の上でときどき明るくなりゆっくり動いた。

ずっと、雲の上でのオーロラを眺める夜になりました。

経験則では「イエローナイフの天候変化は7~8日」と言われます。
天候の悪い時期が3.5~4日、その後の3.5~4日は回復することが多いと。
なので天候の不順な年でも、4日以上滞在すると鑑賞出来ない確率がぐっと下がります。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:25日0:40
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月24日 フレア噴出

20120223

昨夜(23日)の天候:晴れ+曇り 気温:-21℃(日中は-17℃)

日中は良い天気。夕方になって、雲が出てくる。

23:30 雲の上にオーロラが見え始める。
0:40 薄雲の上のオーロラが明るくなり、爆発が始まる。
2:10 薄い雲の上で、再度オーロラが濃くなる。大きな渦を巻く。

昨日に続き、薄い雲を隔てての鑑賞となりました。
予報ではもっと気温が下がるとのことだったので、少し暖か過ぎたようです。

それから先程、太陽でのエネルギー放出が観測されました。
地球への影響もあるそうで、到着はは3~4日後。
天候に恵まれればかなり大きなオーロラを各地で見られるかもしれません。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:24日2:14
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月23日 みどりひとすじ

20120222

昨夜(22日)の天候:曇り 気温:-16℃(日中は-13℃)

雲が多い。でも、それなりに流れているので希望は持てる。

1:15 雲の薄い部分に緑の光あり。かなり強いものと推測できる。
2:21 再度雲の中に一筋の緑の光が見える。

久々に、曇り空でのオーロラ鑑賞となりました。
比較的光の強いオーロラだったと思われるだけに、雲り空だったのが残念です。

よく、「オーロラの当たり年に行くとオーロラを見やすい」と考えがちですが、
正解は、「天候の良い年に見に行くと、オーロラを見やすい」です。
宇宙天気と地上の天気は連動しないので、
どんなに強いオーロラが出ても、雲に阻まれると鑑賞できません。
雲が少ないことが、オーロラ鑑賞での一番の条件です。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:23日1:21
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月22日 さらにブレイクアップ

20120221

昨夜(21日)の天候:晴れ 気温:-18℃(日中は-10℃)

本日も、激しいオーロラの現れる夜になる。

22:00 新月の空に、緑のアーチが架かる。
23:50 現れていたオーロラが光度を増し、大きく動く。
1:55 オーロラ爆発。明るい緑のカーテンが、頭上で激しくうねる。
    そして、全天に広がっていく。

実は、地場の乱れはそれほどでもなかったんです。
でも、ちょっとした変化がオーロラの動きを左右するので、
蓋を開けてみればこれだけの規模のオーロラが現れることも良くあります。

20120221

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:21日23:57、22日1:58
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月21日 ブレイクアップ

20120220

昨夜(20日)の天候:曇り→晴れ 気温:-18℃(日中は-11℃)

気温が高かったせいか、曇り空。その後晴れてくる。

20:20 晴れてきた空でオーロラ爆発。
0:50 雲が薄くなり、オーロラも強さを増していく。
1:20 空がぐんぐん明るくなり、オーロラ爆発。
    強烈な光のカーテンがうなるように空で舞う。

雲そこそこある夜だったので、雲の少ない時にオーロラ爆発が起こってラッキーでした。
このため、天候は鑑賞地によって多少の違いがあったようです。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:21日1:20
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月20日 膜を被りて

画像の説明

昨夜(19日)の天候:薄曇り 気温:-18℃(日中は-13℃)

久々に雲がちな天気。夜も膜のような雲に覆われる。

20:50 薄い膜状の雲の上にオーロラ出現。緑色の細い筋がアーチを作る。
    その後も雲は消えることはなく、オーロラは雲の上で強弱を繰り返した。

薄い雲の上でですが、オーロラは一晩中見え続けました。
星も数個雲を透かして見えるほどの薄さだったので、オーロラを見るのには大丈夫でしたが、
この一帯には全く晴れ間が無く、全天をこの薄い膜が覆っていたようです。
オーロラよりも、この雲の出現の方が珍しいパターンの夜でした。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:20日1:54
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月19日 噴き出す光

20120218

昨夜(18日)の天候:晴れ 気温:-22℃(日中は-15℃)

時間によっては雲があるものの、基本的に晴れ。
そして、とても強いオーロラの夜となった。

19:30 オーロラが現れる。すぐにはっきりした帯状になる。
22:30 オーロラが再度成長し、グラデーションのかかった見事なカーテンを作る。
22:50 オーロラ爆発。天頂から光が噴き出してくる。
23:15 少し落ち着く。その後も動きの強弱を繰り返しながら、空に浮かび続けた。

20120218

この日に現れた最初のオーロラは出現位置が低かったので、
方角の合う窓からは建物の中らかも見ることが出来ました。

磁場の動きに変化があったため、とても強いオーロラが現れる夜となりました。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:18日22:38、22:50
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月18日 星空の下で

20120217

昨夜(17日)の天候:晴れ 気温:-18℃(日中は-8℃)

風の弱い天気の良い日。そのまま夜を迎える。満天の星。

23:15 ぼんやりとしたオーロラが現れる。
色は薄く、あまり変化もないまま時間が過ぎる。
2:15 オーロラが徐々に濃くなり始める。
    やっと、はっきりした光の帯に。ゆっくり動きだす。
3:00 オーロラ爆発。2本のカーテンがゆらゆら揺れて、その後天頂で大きな渦を巻く。

「これだけの星空なのにどうしてオーロラは出てこない?」と
首をかしげるような前半でしたが、遅い時間になってから
一気にブレイクアップまでオーロラは成長しました。

ここ数年は、この時間までツアーを行う会社が増えてきたので、
遅い時間にオーロラ爆発する例を紹介できるようになりました。
前回の黒点活動期では(ツアー時間外なので)公式な記録に残せなかった
時間帯のオーロラの動きです。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:18日3:03
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

2月17日 薄雲の上で

20120216

昨夜(16日)の天候:曇り 気温:-12℃(日中は-10℃)

日中は良い天気。雪の反射もきつくてサングラスが必要なほど。
夜は最初天気が良かったものの、だんだん雲が出てくる。

22:44 薄い筋状のオーロラが現れる。その後、雲が増える。
23:35 薄雲の上にてオーロラ爆発。薄い雲の上でオーロラの帯が大きく舞う。
    その後、さらに雲が濃くなっていった。

地面が明るくなり、お互いの顔が分かるほど周りが明るくなったそうなので、
かなりの明るいオーロラ爆発だったようです。

宇宙天気は凪で、周期的にはまた乱れるかも。
数日後から磁場の乱れが発生するかもしれません。

写真提供:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル
時間:16日23:36
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://twitter.com/intent/user?screen_name=auroraguide

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/
しまのツイッター:http://twitter.com/#!/Ricki_Shima

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional