カナダ北極圏・オーロラ旅行の専門ガイドサイト。オーロラの聖地・イエローナイフの住人が本物の現地情報を発信中。

YKAuroraCalender

イエローナイフ オーロラ早分かりカレンダー

イエローナイフのイベントや、気候変化をまとめました。
ざっと目を通すと、オーロラの見られるシーズンが意外に長いのが分かります。

旅行会社がパンフレットで紹介する時期のみがオーロラシーズンではありません。大型連休以外で休暇の取れる方は、最適な渡航時期を見つけてください。

6月 June

  • 上旬:
    • 芽吹きの時期。街が一斉に緑になる
  • 中旬:
    • 学校の夏休み開始。北米の休暇シーズンスタート。キャンプ場の本格稼働。大型オートバイやキャンパー達が到着。BBQ、ハイキング、カヌー、ヨット、釣りのシーズン
  • 下旬:
    • アボリジナルデイ・夏至祭り

7月 July

  • 上旬:
    • 欧米の旅行者がたくさん訪れる(キャンプ・釣り・ツーリングなど)
    • コンベンションのシーズン(参加者は家族同伴で滞在するので、ホテルは意外に混む)
  • 中旬:
    • 航空祭(偶数年ごと)
    • 音楽祭(Fork on the Rock Yellowknife)
  • 下旬:
    • 2時間程度の夜が来るようになる
    • オーロラが見え始める

8月 August

  • 上旬:
    • 夏のオーロラシーズン開始。
      この時期は気温が高いので蚊が多く(15℃ぐらい)、虫除けスプレーが必要
  • 中旬:
    • 夏オーロラ第一の波(日本の夏休み休暇により)
  • 下旬:
    • 学校の新学年始まる
    • 夜の気温が下がり、蚊が少なくなる。少し厚手のジャケットが鑑賞中は必要になってくる。

9月 September

  • 上旬:
    • レイバーデイ(勤労感謝の日・第一月曜日)の三連休。飲食店・お店が閉まる。黄葉が始まり、早ければすぐにピークを迎える
    • 夜が長くなるので、秋オーロラ用にオーロラ鑑賞の出発時間が早まる。
    • 風が冷たくなってくるので、日中でもウィンドブレーカーは必要。
  • 中旬:
    • 夏秋オーロラツアーのピーク。日本で言う「小春日和」の時期に当たり、天候が安定していることが多い
    • 鑑賞中は、冬の服装が必要。
  • 下旬:
    • 気温が下がり始める。寒い年は気温が氷点下に。初雪の時期

10月 October

  • 上旬:
    • 旅行会社はこの時期に夏のオーロラツアー終了
    • 秋晴れの多い時期(昔は雪が降る時期だったが、最近はもっと後にずれ込む年が多い)
    • 氷点下が当たり前。
  • 中旬:
    • 年によっては天気の良いこともあり、晴れればオーロラが見られる
    • 小売を中心に、求職が増える
  • 下旬:
    • 季節の変わり目。雪の日が増える

11月 November

  • 上・中旬:
    • 降雪のシーズン。夜は長いので、晴れるとオーロラが見える
    • 大きな会議が毎年あり、該当週は宿泊施設が取りにくくなる
    • 北米サマータイム終了(第一日曜日)
  • 下旬:
    • 冬のオーロラシーズンスタート
    • 湖が氷結開始。人が歩くにはまだ氷が薄い時期
    • サンタパレード
      ライトアップされた各団体の車両がダウンタウンをパレードします(なぜかこの日は毎年寒いので、暖かい服装で沿道に来てください)。
    • オーロラツアーが一年中で一番安い時期
      (カナダの航空券が安い、犬ぞりなどが催行確約でないなど複合要因による)
    • (橋が完成したので過去の話となりました) 流氷が多くなりすぎて、マッケンジー河フェリーが一時運休に。1~2週間、食料品・燃料の供給が止まる(各業界ともこれに備えての備蓄があるので、突発運休や長期運休でなければ特に影響なし。車で上がってくる旅行者には勧められない時期)。

12月 December

  • 上旬:
    • 犬ぞりやスノーモービルなど、氷上のツアーがこの時期までに催行開始になる。ガクッと気温が下がることがあり、滞在中に当たるとオーロラ日和になる
  • 中旬:
    • 休暇時期前なので、旅行者が若干減る。予約が取りやすい(近年は、冬休みに入った留学生の旅行者が増加傾向)
    • 18日頃から学校が冬休みに。これに伴いバスが休日ダイヤになる
  • 下旬:
    • デタ村行き生活用アイスロードが供用開始
    • 冬至。15:30で外は真っ暗に。
    • 第一次冬オーロラ旅行者ピークシーズン。
      クリスマス前は熾烈な航空券争奪戦の時期(北米の休暇時期のため)。
      クリスマス以降はオーロラ旅行者が殺到するので、確実に抑えるには三ヶ月前からのリサーチと二ヶ月以上前からの申し込みが必要。個人手配でも同様
    • 23日以降の10日間は、休業する飲食店・商店が多数あり。事前の確認が必要
    • 31日:ニューイヤー花火(21:30頃)

1月 January

  • 上旬:
    • 2日から通常営業。学校再開
    • 長期休暇中としては予約しやすいツアー予約の穴場時期(年を越すとツアーの予約がガタッと減るので、間近でも予約が取れることが多い)
    • スノーキングがアイスキャッスル建設開始(見学可能)
  • 中旬:
    • 厳冬期。-40℃を体験できる可能性が出てくる
  • 下旬:
    • ルピンアイスロード(鉱山燃料輸送用氷上産業道路)が開通。
      イングラハムトレイル(各ツアー会社へのアクセス道)でも2連結60tトレーラーが走り廻る

2月 February

  • 上・中旬:
    • 第二次冬季オーロラ旅行者ピークシーズン。
      (ただし、国際線と最良の国内乗り継ぎ便が売り切れるだけなので、イエローナイフの宿泊施設とお昼到着のカナダ国内線はは若干の余裕あり)
  • 下旬:
    • 北米からの旅行者が集中する時期。国際線には若干余裕あり
    • 厳冬期終了。寒さが和らぎ始める

3月 March

  • 上旬 :
    • スノーキングのアイスキャッスルがオープン(約三週間で閉鎖)。
  • 中旬:
    • 北米サマータイム開始(第二日曜日)(この前後の二週間は、カナダの学校の春休み)
    • 卒業旅行・春休み旅行時期
  • 下旬:
    • ロングジョー ジャンボリー(旧カリブーフェスティバル)
    • 犬ぞり国際レース(50マイル×3日間の総合タイムで優勝)
    • 暖かい時は最高気温が0℃以上に。路面の雪解け始まる。スリップ注意
    • 春分の日。夜が短くなっていく
    • 鉱山行きトレーラーの運行終了。ルピンアイスロードの保守業務終了

4月 April

  • 上旬:
    • 天候の安定する時期。
      気温が高くても晴れている事が多く、かつてはツアーの穴場でしたが現在はかなり混雑する時期に。
  • 中旬:
    • デタ村行きアイスロード閉鎖
  • 下旬:
    • 花冷え時期。-20℃を下回り、前半より寒くなる年もあり

5月 May

  • 上旬:
    • オーロラ鑑賞最後の一週間。明るい夜が2.5時間程度。
    • (橋が完成したので過去の話となりました) マッケンジー河アイスロード閉鎖。10日程度するとフェリー再開
  • 中旬:
    • 春のオーロラシーズン終了。
      事実上の白夜状態に。どの湖でも氷に乗る事が不可能になる
    • 各地のキャンプ場が順次オープン
  • 下旬:
    • 産業展。キャンピングトレーラーやボートの展示あり
    • 雪解けほぼ完了。

6月 June

  • 上旬:
    • 芽吹きの時期。街が一斉に緑になる
  • 中旬:
    • 学校の夏休み開始。北米の休暇シーズンスタート。キャンプ場の本格稼働。大型オートバイやキャンパー達が到着。BBQ、ハイキング、カヌー、ヨット、釣りのシーズン
  • 下旬:
    • アボリジナルデイ・夏至祭り

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional